テーマ:ヘレンケラーホン

ヘレンケラーホン(盲ろう者用電話)もスマートフォン時代へ

 スマート点字は、スマートフォンの押しボタンのない画面で指を触れたところが点字式のボタンになってしまうという画期的な入力方法です。  ですから、点字さえ知っていれば、健常者、視覚障害者、ヘレンケラー女史のような盲ろう者も含めて誰でもが文字入力ができるようになります。  ちょうど1カ月前の11月1日と3日に開催されたサイトワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマート点字、IPPITSU(一筆)、ヘレンケラーホンで第22回アメディアフェア

 12月23日に、「第22回アメディアフェア」の桜雲会のブースでスマート点字、IPPITSU(一筆)、ヘレンケラーホンの紹介をし、また実際の体験をしてもらいました。 http://www.amedia.co.jp/event/amediafair/ ○第22回アメディアフェア 12月23日(水)10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スマート点字」を絶賛する盲ろう者

●「スマート点字」を絶賛する盲ろう者  12月14日に、私は、東京都新宿区早稲田にある、全国盲ろう者協会に行き、ここの職員である盲ろう者のIさんに、スマート点字の入力を体験してもらい、「これは全く素晴らしい。」と絶賛されました。  耳も目も不自由な盲ろう者、視覚障害者から、情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイトワールド2011におけるヘレンケラーホンとIPPITSU(いっぴつ・一筆)シリーズ

 毎年、11月初旬に、視覚障害者関係の講演や展示会のある「サイトワールド」が、JR錦糸町駅前のすみだ産業会館で開催されました。  今年は、11月1日(火)から3日(木)までの3日間でした。  私は、毎年このイベントに桜雲会から体表点字とヘレンケラーホンのテーマで参加してきましたが、今年は1日と3日の2日間、9階の広い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレサポートの原点「CEATEC JAPAN 2001」からスマートフォンの「2011」へ

 最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2011(シーテック ジャパン 2011)」  会期・ 10月4日(火)~ 8日(土)  会場・ 幕張メッセ を7日(金)に見てきました。 http://www.ceatec.com  今回の見学で、まずNTTドコモのブースでは、 http://docomo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイヤレス・ジャパンで「ヘレンケラーホン」と「IPPITSU(イッピツ)」のデモ展示

 国内最大のスマートフォンなどのモバイルと、ワイヤレスの専門イベントである『ワイヤレスジャパン2011』の「日本Androidの会福祉部」ブースで「ヘレンケラーホン」と「IPPITSU」(イッピツ:タッチパネル点字一筆式入力)の展示とデモを行ないました。  『ワイヤレスジャパン2011』 2011年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年の第21回アメディアフェア

 視覚障害者向けの最新機器が集結!アメディアフェア  http://www.amedia.co.jp/event/amediafair/21/ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 視覚障害者向けの最新機器が集結! ~こんなものが欲しかった!きっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回アメディアフェアとヘレンケラーホン

 12月23日に、「第20回アメディアフェア」の桜雲会のブースで盲ろう者用電話のヘレンケラーホンと体表点字のデモを行なってきました。 http://www.amedia.co.jp/event/amediafair/ ○第20回アメディアフェア 12月23日(水)10:20~17:00 場所:東商センター3F   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「太陽の塔」から岡本太郎の声が聞こえるようでした

 11月22日、23日と国立民族学博物館の企画展「点字の考案者ルイ・ブライユ生誕200年記念 ・・・点天展・・・」関連国際シンポジウム「点字力の可能性ーー21世紀の新たなルイ・ブライユ像を求めて」というシンポジウムに参加するため、大阪の万博記念公園に行く機会がありました。 この博物館は、いわゆる大阪万博の跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヘレンケラーホン」(盲ろう者用電話)のデモ:「サイトワールド2009」

「サイトワールド2009」の3日目の11月3日に9階の桜雲会の展示室で「ヘレンケラーホン」(盲ろう者用電話)のデモを行ないました。  展示会場となっていた8階とは離れていましたが、訪問のお客様は途切れず、かなりの賑わいでした。  11時から、私は講演で体表点字の歴史と意味を話し、その後に来場された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜開港150周年:Y150から見える点字と通信の2本のシルクロード:ヘレンケラーホン

 今年が横浜開港150周年記念ということで、横浜でいろいろな催物があります。 私も横浜に何度か行きましたが、日本の幕末から今日における横浜の果たした歴史的な役割には大きなものがあることを改めて感じました。そして、私なりに新しい発見をしました。  それは、横浜に日本と外国を結ぶ、点字と通信が重なって並行する2本のシルクロードの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「体表点字」と「ヘレンケラーホン」が【ゆうゆうゆう】で紹介

 今年はルイ・ブライユ生誕200年を記念する年です。  点字により、これまで世界の視覚に障害のある人がどれほど助けられてきたことでしょうか。しかし、中高年で失明した人など、指先で読む点字には普及の限界がありました。  また、指で読める人には点字があまりにも便利でしたので、「点字は指で読むもの」という深い先入観がありました。  視覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京盲ろう者友の会」の納涼会に参加

昨、7月26日に東京盲ろう者友の会の納涼会に行ってきました。   これは、本年度に設立された東京都による東京盲ろう者支援センターの開設を記念しての納涼会でした。私は視覚障害だけですが、この会に参加し、ボランティアの方と出席しました。  会場は、この会としては珍しく、東京都庁の隣にある新宿住友ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帽子の中で体表点字を読みながら(国際シンポジウムでヘレンケラーホン発表)

 昨2月6日(金曜日)に京都で開催されている、国際シンポジムム「地域における障害者のインクルーシブな情報支援」で盲ろう者用携帯電話(ヘレンケラーホン)をデモも行ないながら発表をしました。 今回のデモの特長は、帽子の中で体表点字(*)を読むということです。  「帽子を中で点字を読むなんて?」と思う方があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2点式体表点字・ヘレンケラーホンの体験会(第19回アメディアフェア)

第19回アメディアフェアは、12月23日に浅草橋の東京卸商センター3Fで開催されました。 今年も点字出版などの桜雲会のブースで、来場者に2点式体表点字とヘレンケラーホンの体験をしていただきました。 約20人以上の視覚障害者の方が体験しましたが、点訳奉仕の方など、点字を知っている健常者の方もいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more