JR中野駅の北側に変わったエスコートゾーン

 先日、中野サンプラザに用があって出掛けました。



 その際、3年前に警視庁が計画した初期に敷設されたはずの慣れたエスコートゾーンを渡っているのに、いつもの足の感触との違いを感じました。


<参考>
●東京に、続々とエスコートゾーンが:中野駅周辺と高田馬場にも 
<< 作成日時 : 2009/03/24 19:50
http://ubq-brl.at.webry.info/200903/article_4.html
(引用)
『「警視庁は東京都内の21区市で、道路を視覚障害者が安全に渡れるように、横断歩道に視覚障害者用道路横断帯「エスコートゾーン」を3カ年計画で395箇所に整備」
・(原本)[PDF] 原 議 保 存 期 間 1 0 年 (平成29年12月31日まで)
http://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20070525.pdf
 この計画によるエスコートゾーンが都内に続々と設置されています。』



画像



 そこで、エスコートゾーンの様子を一緒に渡っている人に聞いてみると、黄色で、横の線も違うようだとのことでした。

 横断歩道を渡ってから、ゆっくり観察してもらうと、どうも、その辺一帯が工事中なので、臨時に取りつけたエスコートゾーンのようでした。


画像





 足の感触が違うエスコートゾーンは、普通には道路や駅のホームなどで工事中に臨時によく敷かれる黄色のビニールかゴム製のような足に柔かい感じの線状ブロックがありますが、あのブロックをエスコートゾーンの幅に切ったもののようです。そして、その突起の線がエスコートゾーンと同じになるように歩行方向と直交させたものだと分かりました。



画像





画像




 ここのエスコートゾーンを歩いてみると、通常のエスコートゾーンの方が突起の線が、くっきりと足の感触でよく分かります。

 また、この黄色いエスコートゾーンは普通の点ブロックを代用させているので、突起が大きく間隔も広いため横一列には感じませんでした。


 しかし、エスコートゾーンがこのように色も黄色なら、横断する際に色が分かる弱視者にもにもよく横断歩道のエスコートゾーンであることが分かってよいのではないかと思いました。