長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS JR山手線上野駅ホームドア使用開始

<<   作成日時 : 2015/12/12 20:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本12日から使用開始となった山手線上野駅のホームドアを見てきました。




画像




画像





画像



 JR上野駅は、乗降客も多く、また、昔は主な長距離列車の始発駅でしたから、(今は長距離列車の始発駅ではありません)東京の主要駅であることには違いありません。
 
 公園口改札から入り、エレベータに乗ると、「このエレベータは、乗った側と反対側のドアが開きます。」と分かりやすい音声案内がありました。



画像



 そして、ホーム階で扉が開く時に、右が3番線、左が4番線です。4番線にはホームドアがありませんがらご注意下さい。」との音声案内もありました。

 確かに、4番線は、大宮駅方面などの京浜東北線のホームです。ホームドアがありませんから転落しないように気を付けなければなりません。

 私はこれまで、山手線にホームドアのあるホームで、同じホームの反対側に、このように、京浜東北線がある場合、反対側から視覚障害者が転落しやすい危険性を指摘してきました。
 
 その効果によるのかどうかは分かりませんが、初めて、エレベータで、その危険性を注意する音声案内を聞きました。やはり、この音声で安心できました。

 JRでは、来年3月までに、神田駅、日暮里駅のホームドアを完成し、山手線では、全29駅のうち、23駅のホームドアを完成し、残りは、大規模工事を予定している6駅のみになったようです。

 私は、残る6駅のホームドアの早期完成を希望しますが、同時に、2016年度からは、山手線の反対側から視覚障害者が転落しやすい、京浜東北線のホームにホームドアを優先して敷設してほしいです。

 それから、池袋駅の5番線、8番線は、山手線でありながら、始発、終着専用ホームということで、何故かホームドアがありません。是非ここにも付けて欲しいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

JR山手線上野駅ホームドア使用開始 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる