長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS JR山手線鶯谷駅のホームドア使用開始と原宿駅の予定

<<   作成日時 : 2014/10/18 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 本10月18日が、JR山手線鶯谷駅のホームドア使用開始の日です。


 幸い、素晴らしい秋晴れでしたので、羽田空港に行く途中でしたが、原宿駅のフェンスの取り付け開始とともに、その実際を見てきました。



画像




 本日も、前回の有楽町駅の開始の日のように、特に駅員の配置もなく、ホームドア使用開始は、乗客に対し、何の説明も注意もなく、当たり前のことのようでした。

 私は、外回りの電車から降りて、フェンスの点字案内表示を読むと、「山手線外回り」、「上野・東京方面」「9号車・2番ドア」「←先頭 1号車」とありました。



画像






 そして、ホームドアの扉の両側のフェンスにこの表示があることがJR山手線の特徴ですが、改めて、他の鉄道会社もこの便利さを見習ってもらいたいと思いました。

 ただ、山手線鶯谷駅も、ホームの反対側が、京浜東北線なので、やはり視覚障害にはホームの番線を間違えると転落の危険があると感じました。




 この後、

 山手線原宿駅もフェンスの設置工事が始まったと聞きましたので、これも見てきました。




画像





画像




 確かに渋谷側のホームの両側の端と、新宿側は内回りの端だけにフェンスがありました。



画像






 この駅は、山手線だけの島式ホームで、ホームの幅が狭く、階段付近では電車が入線してくると危険で歩けません。

 なので、工事予定を早めたようです。

 12月中に完成すると全く安全にホームを移動できるようになると思いました。

 山手線全線のホームドア完成が待ち遠しいです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

JR山手線鶯谷駅のホームドア使用開始と原宿駅の予定 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる