長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 山手線西日暮里駅のホームドア使用開始と、千代田線小田急車両の「車両番号・ドア番号表示」

<<   作成日時 : 2014/06/28 21:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 本6月28日(土)に使用開始となった、JR山手線西日暮里駅2番線(外回り・上野、東京方面)、3番線(内回り・池袋、新宿方面)に設置されたホームドアを確認してきました。



画像






 同じく5月10日に御徒町駅に設置されたのと同じですが、ゆっくりではありますが、山手線の全線ホームドア化が間違いないように思えます。

 視覚障害者としては、うれしいかぎりです。

 ただ、同じホームの向かい側1番線と4番線の京浜東北線は、まだホームドアがないので、うっかりすると、番線を間違えて転落する可能性があります。

 早く、このような心配がなく、京浜東北線にもホームドアが設置されて利用できるようになるとよいと思いました。



画像






 次のホームドア設置予定として、JR山手線有楽町駅があります。

 そこで、有楽町駅に行くと、工事予定の表示ポスターがありました。




画像




 この駅での完成は、8月下旬とのことで、現在はホームの端3か所にフェンスが設置されています。 



画像










 ホームドアではありませんが、東京メトロ千代田線のうち、小田急電車の車両の扉の内側に「車両番号・ドア番号表示」の新型シートが貼られたということで、この表示シートも見てきました。



画像





画像









 確かに、車内のドアの左側に、「2の1」と点字があり、この扉は2号車1番ドアだということが分かりますが、この表示シートの特長は、円形の表示シートであるということです。




画像






画像







 今までは、四角形の表示シートでしたが、この円形の表示シートに替えた意味は何かと推測してみました。



画像

    (写真=四角形の車両番号・ドア番号表示シートの右上が剥がされている。)





 これまでの四角形のシートは角があり、どうしても剥がされてしまいます。

 円形にすることで角がなくなり、剥がれにくくなるのかと思われました。




 今後の様子に注目しています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

山手線西日暮里駅のホームドア使用開始と、千代田線小田急車両の「車両番号・ドア番号表示」 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる