長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 稼働開始の京王線新宿駅2番線ホームのホームドア

<<   作成日時 : 2014/03/09 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 約2週間ほど前の2月20日に、京王線新宿駅2番線のホームドア工事の進行ぶりを見てきました

 その時は、まだ、フェンスが2番線ホームに設置されてあるだけでした。

 そこで、駅員さんに尋ねると、3月9日に稼働開始予定ということで、本日(3月9日)に行って見てきました。




画像





 確かにホームドアは稼働していました。

 そこで、気になっていた電車の車両番号・ドア番号があるかと外壁に触れてみました。

 京王線は、開閉ドアの【右側】のフェンスに拡大文字での表示はありますが、まだ点字表示はありません。



画像




 点字表示は、ほとんどの鉄道のホームドアに表示されるようになってきていますから、京王線においても、きっとそのうちに表示してくださるものと思われます。

 その時は、現在の車両番号・ドア番号の点字表示方法で、最も良いと思われるJR山手線のようにしてもらいたいと思いました。



 ちなみに、JR山手線のものは、ドアの両側のフェンスの天板にありますから、視覚障害者は、ホームのどの位置にいても、この表示を確認することができます。


<参考>
JR山手線新大久保駅のホームドア運用開始とバリアフリーにおけるJRの新しい改良点


 
 今回の京王線新宿駅のホームドアは、

・1番線(青)




画像







・2番線(緑)



画像








・3番線(赤)、これですべてが完成しました。




画像







 視覚障害者として注目することは、ホームドアの色による、特急、急行、快速急行、各駅停車などの電車の区別があります。

 私は、全盲ですから、視覚のことは分かりませんが、弱視の人のためには、文字を読まなくても、ホームドアに描かれた色で、ホームの番線や電車の種類が直観的に分かる、この色彩による区別はとても良いと思いました。


 以前、調布、布田、国領駅が地下ホームとなり、ホームドアが設置されたときにも見てきましたが、そこでは、電車の色(濃い桃色と青)にちなんで、下りのホームドアが青、上りのホームドアが濃い桃色になっていて、これも分かりやすいものでした。

<参考>
京王線調布駅、布田駅、国領駅のホームドア








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

稼働開始の京王線新宿駅2番線ホームのホームドア 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる