長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 神奈川県の2カ所にエスコートゾーン(神奈川区・平塚)

<<   作成日時 : 2013/06/10 19:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 6月6日に湘南方面に行く機会がありましたので、ついでに横浜市立盲特別支援学校と神奈川県立平塚盲学校の通学路と思われるところに敷設されたエスコートゾーンを見てきました。

 横浜市立盲特別支援学校の通学路と思われるところにあるものは、JR横浜線の大口駅前の信号機のある横断歩道にありました。



画像
  (JR大口駅前のエスコートゾーン)





 ここでは、一定時間ごとに信号が変わり、それに合わせて鳥の鳴き交わしの音が流れていました。

 私は、信号が青になってから、歩道の線ブロックから横断歩道に入り、エスコートゾーンをすぐに足で見付け、全く問題なく横断することができました。

 横断し終わった後で、「信号が変わります」という合図のブザー音が何秒かしましたから、このブザー音があることと、横断のための時間を充分にとってあることが分かりました。





 神奈川県立平塚盲学校の通学路と思われるところは、JR平塚駅からタクシーで8分ぐらいの、『平塚ろう学校前』という交差点にありました。


 ここは、片側2車線の比較的に広い道路と、この道路に直交する1車線の細い道路とにエスコートゾーンがありました。





画像
  (平塚盲学校近くの広い道路のエスコートゾーン)






画像
  (平塚盲学校近くの細い道路のエスコートゾーン)






  鳥の鳴き交わし式信号の自動切り替えに合わせて、歩道の線状ブロックから横断歩道のエスコートゾーンへと入り、ゆっくりと歩きましたが、信号の時間内に向こう側へ渡ることができました。

 ここでも、信号が変わる予告のブザー音があり、また、横断のための時間も充分にありました。

 以上の2カ所とも、まだ、敷設されてから新しいエスコートゾーンと思われ、歩いていても自動車のタイヤにより壊されているものはありませんでした。


 神奈川県は広いですが、エスコートゾーンについて、この2カ所だけでなく、もっと多くの視覚障害関係の施設の近くに敷設することが望まれます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

神奈川県の2カ所にエスコートゾーン(神奈川区・平塚) 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる