長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS JR山手線大塚駅のホームドア使用開始(4月20日から)

<<   作成日時 : 2013/04/22 23:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 JR山手線大塚駅のホームドアが4月20日(土)から使用開始となったので、本4月22日(月)に確認してきました。



画像




 隣の池袋駅の北側にに続くものですが、私としては、最も多く利用する山手線池袋駅から、順にホームドアが増えることは頼もしいことです。

 早く、南側の目白駅、高田馬場駅と続いて欲しいものです。

 同じ山手線のホームドアですが、新しい工事ごとにドアの材料なども変わって来るようです。

 これまで、恵比寿、目黒駅ホームの先頭、最後尾のドアは、鉄板でしたが、大崎、池袋駅に続いて大塚駅では、その鉄板にアクリルと思われる透明な板が、窓のようにはめこまれています。



画像





 大塚駅では、そのドアが各4カ所に増えていました。

 これで、線路が見えて、より明るく、また解放的なドアになると思われます。

 どうしても残念なことは、ドアに向かって左側の車両番号・ドア番号などの表示です。



画像





 山手線のこの表示は、もし、10号車、2番ドアでしたら、「10の2」とだけ点字で書かれています。



画像





画像




 せめて、先頭車両の方向、1号車の方向がなければ、この駅でどちらの方向に歩いて自分の目的に合ったドアで乗車するか、あるいは、降りた駅で、どちらの方向に歩くのがよいかなどが分かりにくいです。

 詳しい点字案内表示の設置費用は、ほとんど同じと考えられます。

 どうか、車両番号・ドア番号だけでなく、有効な情報を加えていただきたいです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

JR山手線大塚駅のホームドア使用開始(4月20日から) 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる