長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京メトロ有楽町線はすでに24駅のうち18駅にホームドア設置(7月に和光市駅使用開始)

<<   作成日時 : 2012/04/30 22:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京メトロ有楽町線のホームドアが、着々と設置されています。

都営地下鉄三田線日比谷駅で降りて、改札を出ると、すぐ前には東京メトロ有楽町線有楽町駅の改札があります。

ここは、視覚障害者にとって、乗り継ぎに便利な駅です。




画像





有楽町線の有楽町駅のホームドアはすでに使用開始されているので、ホームドアの壁にある「点字表示」を読み、行き先と、車両番号や先頭車両の方向などを確認しました。



画像




画像



ここの点字表示は読みやすかったです。



視覚障害者は、駅のホームで、今どこにいるのかを知ることや、自分が乗る車両やドアの位置を確かめてから電車に乗ることができるのは、ホームの危険な移動を最小限にするために、とても大切なことです。





有楽町線は、工事中の千川駅を除いて、現在は「銀座一丁目駅」までの17駅のホームドアが使用開始されています。

次の予定の、「新富町駅」の現在はこのような様子でした。



画像





ホームの端に孔があけられて、蓋がされていました。


予定では、新富町駅のホームドアは平成25年度に設置するようです。





そして、4月に入り、18番目のホームドアが「和光市駅」に設置されるというので、本、4月30日見てきました。

東武東上線に相互直通運転している、和光市駅のホームドアの設置工事が4月から始まっています。

すでに、本体部の設置がされていました。

7月には使用開始になるということです。


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

東京メトロ有楽町線はすでに24駅のうち18駅にホームドア設置(7月に和光市駅使用開始) 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる