長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 都営地下鉄大門駅付近のエスコートゾーンと増上寺と東京タワー

<<   作成日時 : 2012/03/28 10:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 都営地下鉄大門駅は、都営浅草線と大江戸線との乗換駅です。
 また、駅名は違いますが、JR浜松町駅との乗換も便利です。

 駅名の「大門」は、かつて、東京タワーの敷地も含まれていた増上寺の総門に由来します。
 日常は、乗換のため、駅から駅へとひたすらに急ぐところですが、先日所用のため、都営地下鉄のエレベーターで地上へ出ました。

 地上には、広くて交通量も多い道路の交差点がありました。
 
 南北に第一京浜国道、東西に大門通りが交差する「大門交差点」です。



画像


 その「大門交差点」から西方向の大門通りは緩やかな上り坂になっていて、先に増上寺の「大門」、「三門(三解脱門)」、「大殿(本堂)」の屋根瓦が一直線につながって見え、その先には東京タワーも見えるとのことでした。
http://www.zojoji.or.jp/keidai/



画像






 このようなことですが、ふだんは、乗換だけですので、地上の道路に関心が薄いのですが、増上寺の大門へ行くために、地上の「大門交差点」を横断しました。

 この時、エスコートゾーンが東西南北4か所に敷設されてありました。

 それは、足の裏でよく分かる、しっかりとした敷設でした。

 また、信号が青に変わると、横断歩道の信号機からは、自動的にピヨピヨ、カッコーの鳥の鳴きかわし式の音が鳴りました。



画像




 ここは、片側4車線とかなり道幅が広く、長い横断歩道です。
 しかし、歩行速度の遅い私ですが、充分にゆっくりと渡ることができました。

 エスコートゾーンが付いていても、やはり初めての場所では、自動的に音が鳴る音響信号機がないと横断することはできないと思いました。


 まもなく5月22日には、東京スカイツリーが開業します。

 テレビの電波塔としては、「三丁目の夕日」で象徴される、かつてのよき時代に建設された東京タワーの方が先輩ですが、東京タワーを含む、芝公園、増上寺付近も、東京スカイツリーの開業に合わせて、ともに観光的にも、もっともっと発展することを望みます。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

都営地下鉄大門駅付近のエスコートゾーンと増上寺と東京タワー 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる