長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都内:鉄道3路線ホームドア同時設置工事中

<<   作成日時 : 2011/09/08 20:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 視覚障害者も生活の必要上、どうしても単独で行動しなければならない場合があります。

 この場合、鉄道を利用することが多いです。

 発表によりますと、現在、東京都内では、鉄道の4路線が工事を行なっているはずですが、なぜか、工事を行なっているはずの小田急線の新宿駅には、その形跡もなく、駅員に尋ねても全くその予定を知りませんでした。

 そこで、小田急を除き、JR山手線、都営大江戸線、東京メトロ有楽町線でその設置工事の様子を見てきました。

 

 JR山手線は昨年の8月に目黒駅と恵比寿駅で、ホームドアの使用開始をしました。

  しかし、山手線は、4ドアと6ドアの2種類の車両があり、ホームドアを完成するには、全車両を4ドアに統一する必要がありました。
 それで、その目黒駅と恵比寿駅の7号車と10号車部分には6扉のためホームドアがありませんでした。

 その後、ホームドア完成のための6扉から4扉への変更が完了し、9月2日からホームドアの設置工事が始まったとのことで、9月6日に、その工事がどの程度進んでいるのか見てきました。


画像

(写真=山手線目黒駅のホームドア10号車付近。)


 JR山手線の恵比寿駅、目黒駅ともに7号車、10号車のホームドアの設置が完了していました。
 これから試運転を経て、10月29日土曜日から使用開始とのことです。




 次に、新宿駅で都営地下鉄大江戸線に乗り換えました。


画像

(写真=大江戸線新宿駅ホームの様子。)

 ホームは、ホームドアの基礎工事中の緑色のマットが敷かれていました。



 大江戸線は
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/kanren/door.html

(一部引用)- - - - - - - - - -
東京都交通局では、ホーム上の安全対策として、大江戸線へのホームドア設置を進めています。
なお、8月20日始発より、勝どき駅のホームドアにつきましても運用を開始しました。
今後は、平成25年6月の大江戸線全駅へのホームドア設置完了を目指し、順次設置を進めていきます。
(引用終了)- - - - - - - - - -


 都営地下鉄大江戸線は、清澄白河駅に最初のホームドアが4月23日に運用開始されました。
http://ubq-brl.at.webry.info/201104/article_1.html
 その時に、ドアの左の壁にある点字表示の間違いに気づきました。
 そして、すぐに点字表示は正しいものに取り換えられました。
 

 9月6日には、勝どき駅までホームドアが使用開始され、現在、築地市場駅と汐留駅が設置工事中を確認しました。

画像

(写真=汐留駅のホームドア。H23 年.9月下旬使用開始予定。)




画像

(写真=築地市場駅ホームの様子。H23年10月上旬使用開始予定。)



画像

(写真=築地市場駅ホームの車両番号、ドア番号などの案内の点字表示を読む。)


 点字は触った範囲では間違いはありませんでした。
 各駅で点字を読んでみましたが、ある駅ではその様子を見ていたらしい駅員さんから、「今度は間違っていません
でしたか?」とニコニコしながら話しかけられました。



 都営地下鉄の点字表示のすぐれていることは、

点字の

1行目  「○番線 △方面」、

2行目  「●号車▲ドア」、

の次に、

3行目  「入って右(または左)に優先席(または車いすスペース)」

という表示があることです。



画像



画像




画像




画像


(写真=大江戸線の点字表示。)


 優先席や車いすスペースが、入って右側にあるのか、左側にあるのかが乗車する前に分かってとても便利です。

 その下に、
4行目  「先頭 →(または←)●号車」

と、通常は3行の点字表示が、優先席や車いすスペースがあるドアの位置には、4行の点字表示があります。




画像

(写真=大江戸線勝どき駅のホームドアは稼働中。点字表示を確認する。)





 次に、月島駅で東京メトロ有楽町線に乗り換えました。

 有楽町線も、着々とホームドアの設置が進んでいます。

http://www.tokyometro.jp/news/2011/pdf/metroNews20110426_01.pdf

 ホームドアは東京メトロ全173駅中、73駅となり、設置率は40%を超えたそうです。

 有楽町線は、和光市駅は未設置ですが、次の駅から順次使用開始され、現在は江戸川橋まで稼働中です。

 そして、月島駅ホームには、ホームドア工事の丸いフタがホームにありました。



画像

(写真=有楽町線月島駅ホームで。)


 麹町、市ヶ谷、飯田橋駅はもうすぐ使用開始になるばかりにホームドアが設置されていました。



画像




画像

(写真=有楽町線飯田橋駅の点字表示を読む。H23年9月17日 使用開始予定。)

 ここで気がついたことは、有楽町線の点字は大江戸線の点字よりも点字の点がやや大きく、またしっかりした感じでした。



画像

(写真=8月13日に使用開始された江戸川橋駅のホームドア。)

 残念ながら、JR山手線は車両番号とドア番号しか点字表示がありません。
 せめて、山手線の「内回り」、「外回り」の表示と進行方向の矢印もあった方がホーム上で行動するのに便利だと思います。

 東京メトロと都営地下鉄は視覚障害者の希望を取り入れて、詳しい点字表示をしています。

 なおできれば、どの鉄道路線も、「駅名」も点字表示板に入れてあれば便利です。 

 乗り過ごしたような気がして、どこの駅か分からないままにホームに降りてしまう場合もあります。

 視覚のある人の場合、駅の構内にはあらゆる場所に「駅名」が書かれていて、すぐに駅名が確認できるようですが、視覚障害者はうっかり降りた駅がどこなのかも今の状態では分かりません。

 都内の鉄道の3路線のホームドア設置工事の様子を見て、ようやくホームドア設置が当然の時代になるように思えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

東京都内:鉄道3路線ホームドア同時設置工事中 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる