長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月16日の山手線目白駅の転落死亡は点字ブロックの敷き方が原因

<<   作成日時 : 2011/01/17 09:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨1月16日に東京の山手線目白駅で全盲の視覚障害者がホームから転落死亡しました。 
 心よりご冥福を祈ります。

 この事故は、ホームの点字ブロックの敷設の仕方に原因があったと私は考えます。
 事故の再発を防ぐため、早急な改善を求めます。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110117ddm041040094000c.html

−− 一部引用 −−
鉄道事故:全盲男性、ホーム転落 電車にひかれ死亡−−東京・JR目白駅
 16日午後5時17分ごろ、東京都豊島区目白3のJR山手線目白駅で、同区北大塚のマッサージ師、武井視良(みよし)さん(42)がホームから転落、同線外回り電車(11両編成)にひかれ、全身を強く打ち死亡した。武井さんは妻(55)と一緒におり、2人とも全盲という。警視庁目白署が事故原因を調べている。

 同署によると、武井さん夫婦は内回り電車に乗車中、下車駅を乗り過ごしたため、同じホームで内外回りの山手線乗り換えができる目白駅で下車。反対側の外回り線に乗り換えようとして誤って転落した可能性が高いという。  幅約30センチの点字ブロックがあったが、ホームドアはなかった。
 妻が武井さんのリュックサックをつかんで歩いていたが、「危ない」という声が響いた直後にリュックが急に下に落ちたという。
−− 引用終了 −−

 私の経験では、前述のように、これは点字ブロックの敷設の仕方に原因があると考えます。それは、点字ブロックの凸点の先端が周囲の平らな平面と高さが同じだからです。山手線目白駅でのこの危険性については以前に警告してあります。


山手線目黒駅のホームドア運用開始と点字ブロックの敷設方法の改善を!
長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/ウェブリブログ
http://ubq-brl.at.webry.info/201008/article_6.html

 以上の警告が生かされなかったのが誠に残念です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1月16日の山手線目白駅の転落死亡は点字ブロックの敷き方が原因 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる