長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームでは撮影禁止ですか(有楽町線「平和台駅」ホームドア稼働開始)

<<   作成日時 : 2010/09/12 10:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 8月28日に山手線目黒駅のホームドア稼働開始を見てきました。

 その後、路線は違いますが、9月11日から東京メトロ有楽町線平和台駅でホームドア稼働開始とのことですので、こちらも見てきました。
 8月21日に有楽町線は氷川台駅のホームドアが稼働開始され、今後は地下鉄赤塚駅、地下鉄成増駅のホームドアも順次稼働予定です。

 やはり、ここも山手線と同じにドアには窓のようなが透明ガラスがありました。ですから、線路の見通しもよいかと思いました。
 ホームドアのドア開閉部分前には点字ブロックの点状があり、また、線状の点字ブロックがホーム上を真っすぐに歩けるようにホームドアと並行して敷設されてありました。
 それから、ドアごとの点字表示なども読んで確認できました。そして、これらを写真に写しました。


 9月6日には、東京メトロから要町駅から護国寺駅までの設置計画も発表され、いよいよ有楽町線全線のホームドア設置も近いと感じました。



 平和台駅を見て帰る際、上りの電車に乗る時、しばらく観察していたらしい駅員から、撮影禁止との声を掛けられました。
 「どうすればよいのですか。」と聞くと、「撮影するときは公報の許可を得るように。」とのことでした。

 報道や映画撮影でしたら、撮影も大規模ですから、そのような許可も必要ですが、個人が関心を持って、ドアや表示を写すのまでいちいち許可を得なければならないのかと不思議に思いました。

 公報部となると、ホームで写真を1枚撮るのでさえ、東京メトロの本社と連絡をとって許可を取らなければいけないことになります。
 何らかの形で発表されている鉄道駅の写真は無数にあります。それらが、すべて鉄道会社の許可を得ているとはとても思えません。

 10年以上バリアフリーの写真を撮っていますが、こんなことを言われたのは初めてで驚きました。
 撮影禁止の貼り紙などは一切どこにもないそうです。

 電車が来たので駅員との話も途中でしたが、何とも割り切れない思いでした。

 それなら、ここでは何も知らない利用客が、ホームで記念写真さえ撮れないことになります。

 今回は携帯電話のカメラで数枚撮りました。
 もちろんフラッシュも三脚もありませんし、他人に向けて撮ったりはしていません。

 いつも安全に十分気をつけてホームの内側から撮りますが、それでも撮影禁止ですか。

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ホームでは撮影禁止ですか(有楽町線「平和台駅」ホームドア稼働開始) 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる