長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 中目黒駅前のエスコートゾーン

<<   作成日時 : 2010/09/04 08:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 中目黒駅前を初めて歩く機会がありました。

 この駅は、東急東横線と地下鉄日比谷線との乗換駅ですから、鉄道利用ではよく通ります。



画像





 駅週辺には、中目黒アリーナ東急ストアなどが目立ちました。


 東急東横線「中目黒駅」のホームは、山手通りの真上を直交するような形の橋上プラットホームです。

 このガード下の山手通りの横断歩道にエスコートゾーンがあることを発見しました。

 目黒区では初めてです。



画像






 ここを渡る時、横断歩道の横から、自動的に「間もなく信号が変わります。」、「左右に気をつけて渡りましょう。」などの適切な音声案内がありました。

 エスコートゾーンがあるので、交通量の多い広い通りを安心して向こう側まで渡れました。

 ここで気がついたことは、音声案内が非常に大きいことです。
 これは、騒音の激しいガード下だからかと思います。

 今まで体験した横断歩道の音声案内は、小さすぎて聞こえないことがよくありましたが、これなら、いつでも安心して渡れると思いました。


 都内では、各地でエスコートゾーンが敷設されつつありますが、目黒区でもエスコートゾーンが敷設され、音声案内も自動的に確実にあって横断することが出来ました。
 自動音声案内とエスコートゾーンがある横断歩道は、知らない土地に行ったときにはとても有効です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

中目黒駅前のエスコートゾーン 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる