長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京メトロ有楽町線氷川台駅のホームドア工事を見てきました

<<   作成日時 : 2010/05/23 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 東京メトロ 有楽町線 氷川台駅のホームドアが22日から設置工事開始というので、その様子を22日に見てきました。



画像




 22日は、池袋、新木場方面のホームの前半分だけにホームドアが設置されていました。
 これから残りも設置されていくようです。



 氷川台駅は相対式ホーム2面2線の地下駅で、和光市方面がカーブしています。

 和光市方面のホームはまだホームドアは設置されていませんでしたが、ホームがカーブしているため、「可動ステップ」が9カ所に設けられるとの駅員さんのお話で、その部分の床工事が分かりました。



画像







 最近では、JR山手線の恵比寿駅、都営地下鉄大江戸線の清澄白河駅の工事着工を見たところですが、この有楽町線氷川台駅の工事着工で、東京都内ではホームドアが当たり前の時代になることを感じました。

 6月26日にはJRの山手線恵比寿駅、それに続き8月21日の有楽町線氷川台駅と、実際にホームドアが稼働するようになりますが、早くそれを見てみたいと思います。

 私が最も利用する地下鉄の一つが有楽町線です。

 電車で外出して、ホームドアのない線から、同じ駅のホームドアのある線に乗り換えると気持ちが安心感でホットします。
 この逆ですと、反対に反射的に気持ちが緊張します。つまり、ホームドアのないホームがストレスになっているのです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

東京メトロ有楽町線氷川台駅のホームドア工事を見てきました 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる