長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS JR恵比寿駅は6月26日から、目黒駅は8月28日から可動式ホーム柵(ホームドア)使用開始

<<   作成日時 : 2010/03/05 00:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ニュースによると、JR東日本は4日、現在工事中のホームの可動式ホーム柵(ホームドア)の使用を恵比寿駅では6月26日から、目黒駅では8月28日から始めると発表しました。
ドアは高さ1.3メートル、開口部は幅2メートルで、乗降部分をガラス化するようです。
いよいよ念願の山手線にもホームドアが設置され、視覚障害者がホームから転落する危険がなくなります。

工事は今月中旬から着手する予定だそうです。


先日、恵比寿駅に様子を見に行きましたが、まだ、ホームの端の部分だけの工事のようでした。



画像



そして、恵比寿駅にはホームの端にホームドアが一つだけポツンと設置されていたのを確認しました。

これから設置されるホームドアには、ぜひホームドアの壁面にも番線や行き先とともに、『駅名』も点字で表示していただきたいと願います。



報道発表



<参考>
「恵比寿、目黒ホームに転落防止柵 山手線全駅設置で先行」 (2010年3月4日 21時10分 共同)



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

JR恵比寿駅は6月26日から、目黒駅は8月28日から可動式ホーム柵(ホームドア)使用開始 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる