長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 模範となる可動式ホーム柵にさえもイタズラ三田線神保町駅の点字案内表示シート

<<   作成日時 : 2009/01/23 09:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



1月19日(月)に都営地下鉄三田線神保町駅で、
ホームドア(可動式ホーム柵)の左壁面にある点字案内表示シートが
わざとはがしたようにめくられているのに気がつきました。


 点字表示は、
「3番線 目黒方面」
「4号車 1番ドア」
でした。

 三田線の可動式ホーム柵の左壁面にある点字案内表示シートは、
非常に内容もよく、また、シートもしっかりとしていて
悪質なイタズラでもはがされることはないと思っていました。

 ですから、開通を前にした副都心線のホームドアにも
三田線の点字案内表示シートに見習ってほしいと述べ、
その後、副都心線でも実現しました。

★バリアフリー報告:080404
− 三田線の可動式ホーム柵の車両番号・ドア番号表示を副都心線にも −
(2008年4月4日)


★バリアフリー・リポート:081004
−東京メトロ副都心線ホームドアの「車両番号・ドア番号点字案内表示」とその問 題点−


 これらの点字表示は、情報の少ない視覚障害者には大変貴重なものです。
 そんな大事なものでさえ、心ないイタズラをされます。


画像




 三田線のシートがはがされているのに気がついて憤りを禁じ得ません。
 これを防止するには、下記の例のようにもっと材質を丈夫なものにする必要があ
ります。

★バリアフリー報告:070620
− 大阪市営地下鉄今里筋線の可動式ホーム柵と車両番号・ドア番号表示 −

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

模範となる可動式ホーム柵にさえもイタズラ三田線神保町駅の点字案内表示シート 長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる